この度、岩手県盛岡市において、児童養護施設卒業生等、経済的に困難な状況にある18歳以上の子供を対象とした自立支援施設「ポウロニアン・ハウス」を開所する運びとなりました。

運営は地元のNPO5団体が行っていただけることとなり、今後は自治体や県内の児童養護施設とも連携をとりながら、子供たちの自立を支援してまいりたいと考えております。

これからも様々な課題に直面すると思いますが、一人でも多くの子供たちの助けになるべく活動を継続してまいります。是非引き続きのご支援をいただきたく、開所のご報告にあわせてお願い申し上げます。

名称:「ポウロニアン・ハウス」岩手県の県花である桐から命名しました。

柴基金が所有し、運営・管理を地元の いわての若者くらし仕事支援機構(チーム!わかくら)NPO法人くらしのサポーターズ、NPO法人いわてパノラマ福祉館にお願いし、管理者・相談支援員を配置(非常勤)し、緊急連絡体制を構築しています。

 

入所者:原則として、児童養護施設卒業生で住居確保が困難な者。 

定員:原則5名 

目的:経済的にも困窮し、居場所のない子供に住居を提供し、地元NPOとともに多方面の支援を行いながら、子供たちの自立を目指します。

また共用スペースにて、児童養護施設卒業生などとの交流等を行い、子供たちにとってつながりが感じられる場所となることを目指します。

「ポウロニアン・ハウス」開所 !!2017年4月

SOMY記念ホーム 2015年4月

大分県別府市において、特別支援学校を卒業した子供たちが自立に向けて生活する「小さな家」の設立を支援いたしました。家族や親の支えがなくとも、仲間と温かく見守る大人がいて、互いに支えあえるというコンセプトの「SOMY記念ホーム」です。

児童養護施設を卒業した子供たちか、幼い頃から一緒に過ごした職員の見守りの中で、住み慣れた地域で暮らしながら、一般就労できる家がほしいという子供たちの願いに応えるため、柴基金も支援を行いました。

現在幸せそうに暮らす子供たちの姿を見る度に、皆様のご協力に感謝しております。

名称:SOMY記念ホーム 建設資金:県・市の補助金、柴基金の支援金

2019' Our Charity "Kodomono tameno Shiba-Kikin copyright All Right Reserved.