若者の自立支援

卒園する子供達が希望の道へと進むために、養護施設と協力して進学や就職のための住居を用意し自立支援を行っております。

2015年に大分県別府市では「SOMY記念ホーム」設立を支援し、2017年には岩手県盛岡市に「ボウロニアン・ハウス」を設立いたしました。

現在、東京都世田谷区にマンション4戸を借り上げ募集を開始しました。

岩手・東京の物件についてのお問い合わせや、お申し込み方法等のご相談は、以下の「お問い合わせはこちら」をクリックしてお問い合わせフォームから、またはfacebookのコメントにてお気軽にお問い合わせください。後日、担当者よりご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

お気軽に問い合わせしてください

2017年4月 開所
岩手県盛岡市 ポウロニアン・ハウス

この度、岩手県盛岡市において、児童養護施設卒業生等、経済的に困難な状況にある18歳以上の子供を対象とした自立支援施設「ポウロニアン・ハウス」を開所する運びとなりました。「ポウロニアン・ハウス」の名称は岩手県の県花である桐から命名しました。運営は地元の特定非営利活動法人もりおかユースポートにお願いしています。今後は自治体や県内の児童養護施設とも連携をとりながら、子供たちの自立を支援してまいりたいと考えております。

これからも様々な課題に直面すると思いますが、一人でも多くの子供たちの助けになるべく活動を継続してまいります。是非引き続きのご支援をいただきたく、開所のご報告にあわせてお願い申し上げます。

2015年4月 開所
大分県別府市 SOMY記念ホーム

大分県別府市において、特別支援学校を卒業した子供たちが自立に向けて生活する「小さな家」の設立を支援いたしました。家族や親の支えがなくとも、仲間と温かく見守る大人がいて、互いに支えあえるというコンセプトの「SOMY記念ホーム」です。

児童養護施設を卒業した子供たちか、幼い頃から一緒に過ごした職員の見守りの中で、住み慣れた地域で暮らしながら、一般就労できる家がほしいという子供たちの願いに応えるため、柴基金も支援を行いました。現在幸せそうに暮らす子供たちの姿を見る度に、皆様のご協力に感謝しております。

一般財団法人こどものための柴基金では皆様からの寄付金を募集しております。
ハンデを抱えた子供達が将来にわたって自立し幸せな生活をおくるにはサポートが必要です。
皆様のあたたかなお気持ちを我々が代弁者となって支援活動を進めてまいります。

PAGE TOP